ペットを飼うならマイクロチップの埋め込みを検討してみて

PR|ペットのお墓はこちら|

昔とは違い、現在は犬や猫などのペットを室内で飼育する家庭は非常に多くなっています。犬の場合は普段は家の中で過ごし、散歩の時だけ外出をする生活になります。猫なら全く外に出さず、完全室内飼いをするケースも珍しくありません。こうして生活の場を制限して環境を整えてあげることにより、ペットの健康が促進されたり事故等のリスクを下げることが可能です。

ところが、きちんと室内飼いを心がけている場合でもドアの隙間などからペットが脱走してしまうケースもあります。すぐに見つけて家に連れて帰ることができれば良いですが、脱走したペットはなかなか見つけられなくなってしまう可能性も否定できません。

そこで、ペットの脱走に備える為に検討しておきたいのが、ペットの体へのマイクロチップの埋め込みです。マイクロチップには個別の識別情報として飼い主の連絡先が登録されています。このチップを埋め込んでおけば、ペットが迷子になって獣医や保健所に保護された場合にチップの情報を読み込み、飼い主の元にきちんと連絡が来ることになります。

ペットの体にマイクロチップを埋め込むことに対しては、抵抗を感じる方もいるかもしれません。しかし防ぎきれない脱走による迷子の可能性を少しでも下げる為に、迷子札代わりとしてマイクロチップを使用することはとても効果的な手段なのです。