うちの猫はペットと言うよりも家族の一員です

ある日近所の公園を通りかかった時、みゃーみゃーとか細く鳴く猫の声を聞きました。

何だろうと思って声の方に行ってみたら、茂みの中に一匹の仔猫が居たのです。

仔猫はガリガリに痩せていて、今にも死にそうなくらい弱っていました。

このままではいけないと思い、私は仔猫を抱きかかえ、家に持ち帰りました。

それでとりあえず、人肌ぐらいに暖めたミルクを上げてみたのです。

最初仔猫は怯えていましたが、しばらくするとミルクのニオイに誘われて、ぺろぺろと舐めはじめたのです。

ミルクを全部飲んだ仔猫は、眠くなったのかうとうとし始めたので、使い古した毛布に寝かせてあげました。

この後私は仔猫が元気になるために、色々と手を尽くしました。

そのおかげで仔猫はどんどん元気になり、家中を走り回るようにまでなったのです。

仔猫は私だけでなく、家族にも懐いてくれ、家族のアイドル的存在となりました。

他人から見たらルルはペットかもしれませんが、私たち家族にとってルルは、ペットなどではなく家族の一員です。

PR|家族の最後にペットのお墓をプレゼント